静岡市立 清水第二中学校 女子バレー部

声掛けと繋ぐバレーで、目指せ!全勝零敗。
志は東海大会出場。

昨年の中体連、新人戦共に清水地区優勝。代が変わっても、接戦を勝ち切る強さを持つ清水二中女子バレー部。その勝負強さの秘密、新3年生9人、2年生6人が目指すバレーとは?

経験豊富な2年生と元気で明るい3年生の融合。

新3年生は、全員初心者だがバレーが大好き。2年生は全員がバレー経験者で、「清水バレーボールジュニア」出身の4人は、全国大会も経験している。技術面を下級生が支え、明るい上級生がムードを盛り立てる。中心となるのは、2年生のエースとセッター。昨年は1年生ながら、中体連の主要メンバーとして活躍した。決して高さのあるチームではないが、全員で声を掛け合い、拾って繋いで、ミスを恐れず積極的に攻めるのが強みだ。顧問の山崎先生は、「バレーができることに感謝し、気持ちをプレーで伝えて欲しい」と願う。

流れを呼ぶ、声の掛け合い。レシーブ磨き、打倒安倍川中!

今の課題はサーブレシーブ。昨秋のグランドチャンピオンカップ決勝では、安倍川中の強いサーブに対応できなかった。「試合で負けていても、みんなで声を掛け合い、流れを持って来る明るさがチームの強み。技術面をもっと磨いて、次は勝ちたい」とキャプテンの大竹布実乃さん。実戦形式の練習で、レシーブへの自信を高めていく。「安倍川中に勝てるチームになれば、東海も夢ではない」と山崎先生。体育館に貼られた「全勝零敗」「志は東海」。部員が書いた筆文字が力強かった。

ピックアップ記事

  1. 遊びの延長からアメフトの魅力に迫るフラッグフットボール。アメリカではメジャーな競技「アメリカンフ…
  2. 『2021夏季静岡県高等学校野球大会』2020年7月10日(土)1回戦〜7月28日(水)決勝…
  3. サッカー愛とやる気はどのチームにも負けない。目指せ!県ベスト4!昨秋の新人戦、静岡地区3位。…

アーカイブ

ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート浜松 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎
PAGE TOP