静岡県立科学技術高等学校

丁寧に、臨機応変に、大胆に。
意図を持った「のびのび野球」

秋春は予選初戦敗退の科学技術だが、自分たちで工夫しながら野球を楽しむスタイルは崩さない。なぜそのプレーを選択するのか、意図を持った「のびのび野球」を指導する森田監督の下、型にはまらず臨機応変に対応できる、柔軟性をもった選手が育っている。投手は、制球力のある右の兵庫、左腕戸井の2枚看板。基本に忠実な丁寧な守備は安定しており、失点が計算できる。小柄な選手が多く、打撃で飛び抜けた選手はいないが、小技や足を使い、繋いで繋いで点を取っていく。1年生が19人入部し、力のある選手も入ってきた。森田監督は「本当に野球が大好きな子たち。夏はのびのびと野球を楽しんでほしい」と選手たちを送り出す。


監督/森田 重成 部員/39名(3年8人・2年9人・1年19人・マネージャー3人)
創部年/2008年 キャプテン/中 拓登


キャプテン
中 拓登
外野手

選手一人一人が主役。
先輩超えのベスト8へ!

選手個々に大きな力はありませんが、一人一人が全力で自分ができる仕事をする、みんなが主役のチームです。試合では、相手や状況に合わせて臨機応変に、時には大胆に攻めていきます。2つ上の先輩のベスト16を超えるベスト8が目標です。1、2年生が頑張っているので、3年生も負けてはいられません。最後の夏、チームを勝利に導く頑張りを後輩たちに見せたいと思います。

インデックスに戻る

おすすめの記事

関連記事