DOKKY’S(ドッキーズ) ドッジボールチーム

全国大会出場歴12回。チームワークを武器にドッジボール日本一を目指す。

昨年の全国大会ベスト8。県大会では常に優勝を争うDOKKY’S(ドッキーズ)は、麻機小学校を拠点に、幼児から他校の小学生まで多くの子どもたちが参加するドッジボールチームだ。

ドッジボールを通じて子どもたちの心と体の成長を。

幼稚園で体育指導をしていた工島さんの「小学生になっても続けられるスポーツを」という想いから始まり、今年で20周年を迎えるDOKKY’S。「ドッジボールは軸のスポーツ。上下左右の動きが強くなり、中学に進んでから、バレーやテニス、野球など、他の競技につながる。隊列を組み一緒に動くので、チームワークとメンタルが勝負」と工島さん。
遊びの印象が強いドッジボールだが、全国レベルになると練習は真剣そのもの。幼稚園から始めて6年生まで続ける子も多い。

代々伝わるDOKKY’S魂。県代表になる喜び。

4月からキャプテンになる新6年生の渡辺康輝くんも年長から始めた一人。春の大会は全国切符を逃したが「夏は日本一を目指す。みんなを盛り上げていきたい」と渡辺君。卒業してからも顔を出すOBは多く、「ドッジボールは楽しい。県代表として全国に行く」が継承されている。楽しい遊びから始まり、チームワークの大切さや感謝の気持ちを段階的に教えるのが工島さんのスタイル。これまで全国大会に19年で12回出場し、最高位はベスト8。全国の壁は厚いが、まずは予選突破から。頑張れ、DOKKY’S。

■TEAM DATA
活動日   月・水・金・土・日
活動場所  麻機小学校(日曜のみ 賎機北小学校)
団員数   37名(年中~小学1年生)
入団条件  幼児(年中)~6年生の男女
月会費   3,000円
連絡先   090-1728-0831 代表・工島(クシマ)
ホームページ  https://www.facebook.com/Dokkys-719379918191050/

ピックアップ記事

  1. 中体連県ベスト4を目指し、団体戦のメンバー争い始まる。ここ数年、市内の大会では常にベスト4に入る…
  2. 守りからリズムを作り、機動力をからめ得点に結びつける。一人一人の声掛けを大切に、チーム一丸となり…
  3. 「負ける気がしない」常勝チームを支える仲間との信頼。公式戦無敗の新チーム。中学野球は「笑顔で…

アーカイブ

ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート浜松 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎
PAGE TOP