【軟式野球】令和2年度全日本少年軟式野球 静岡地区大会決勝

【令和2年度全日本少年軟式野球 静岡地区大会】

3月20日(土)全軟静岡地区予選の準決勝・決勝が、観山遊水池グラウンドで行われた。3試合ともに1点差の好ゲーム。終盤までどちらが勝つかわからない接戦を制したのは、堅守の服織中だった。

古豪野球部・服織中が優勝!

準決勝第1試合は、服織vs観山。6回に主将・保君のタイムリーで1点を先制した服織は、エース髙久君がコーナーへの安定した制球とキレのある変化球で観山打線を抑え、1対0で接戦を制した。第二試合は、竜爪・西奈vs大里・安倍川。序盤にタイムリーやエンドランで先制した大里・安倍川が、宮腰君・山崎君の継投で、追い上げる竜爪・西奈を2対1で振り切り、決勝に駒を進めた。

服織vs大里・安倍川となった決勝戦は、初回から試合が動いた。大里・安倍川2番の熊谷君が、遊水地グランドの深いライトスタンドに放り込む、先制の2点本塁打。しかし、服織も負けていない。その裏、四球で出た走者をすぐさま返し反撃。3回裏には、1番の保君がヒットで出塁すると、再び3番杉山君がセンター超えの同点タイムリー二塁打。服織先発の鈴木君は、初回に打たれて以降、効果的な変化球を織り交ぜ、打たせて取る投球で追加点を与えない。大里・安倍川も小櫃君・宮腰君の継投で、服織打線を封じる。両者無失策の好ゲームは、どちらが勝ってもおかしくない展開で終盤へ。

2対2で迎えた最終回7回裏、服織の攻撃。先頭9番原田君が四球で出塁すると、1番保君がヒットで続き、敬遠四球で一死満塁に。サヨナラの大チャンスの打席には、この日2安打の4番前田君。その初球、内角鋭くエグるはずの投球が、痛恨のデッドボールに。押し出しサヨナラとなった。歓喜の服織ベンチ。大里・安倍川は再三ピンチをしのいだが、最後の最後に守り切ることができなかった。

 

▼決勝

服織中 vs 大里・安倍川中 3-2

▼準決勝

服織中 vs 観山中 1-0

大里・安倍川中(合同) vs 竜爪・西奈中(合同) 2-1

【大会結果】

優勝/服織中

準優勝/大里・安倍川中(合同)

3位 /竜爪・西奈中(合同)、観山中

 

決勝/服織中 vs 大里・安倍川中

 


準決勝①/服織中 vs 観山中

服織中vs観山中をもっとみる


準決勝②/大里・安倍川中 vs 竜爪・西奈中

大里・安倍川中 vs 竜爪・西奈中をもっと見る

 

ピックアップ記事

  1. 先輩たちが築いた常勝チームを守り、掴め!県大会での一勝。昨年の中体連は市内準優勝、新人戦は4位に…
  2. あきらめないで拾ってつなぐバレーで、市内大会での優勝を目指す。2019年6月に設立したばかり。「…
  3. 選手一人一人に可能性がある。チーム全員で打ち勝つ野球を。昨年行われた新人戦県大会で優勝、これまで…

アーカイブ

ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート浜松 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎
PAGE TOP