【サッカー新人戦2020】第36回静岡県U-14新人サッカー大会

2020年12月19日(土)「第36回静岡県U-14新人サッカー大会」の決勝・準決勝がIAIスタジアム日本平で行われた。
決勝は西部地区3位の浜松開誠館と中東部地区1位の東海大学付属静岡翔洋の対決。結果は開誠館が東海大翔洋を6-1で下し優勝、東海大翔洋は2位となった。今大会、静岡市勢はPK戦に泣いた。準々決勝では中部地区1位の静岡学園が、今回優勝の開誠館と当たり0-0の同点ながらもPK戦4-5で敗退、ベスト4への進出を逃した。また中部地区2位、昨年の新人戦県大会優勝の常葉橘も初戦で天竜にPK戦で破れ敗退。静岡学園と常葉橘にとってはいずれも悔やまれる1戦。ここから夏に向けての奮起を期待したい。

第18回静岡市民サッカー大会はこちら

順位決定戦(決勝)トーナメント
予選Aブロック、Cブロック
予選Bブロック、Dブロック
※チームによって試合数や写っている選手に偏りがあるのはご容赦ください。

決勝
|6|浜松開誠館中 vs 東海大翔洋中|1|

決勝は前半から開誠館が押し気味に試合を進め、15分に開誠館14番川合君が先制点。翔洋も挽回すべくチャンスを作ろうとするが、開誠館の堅い守りを崩せない。18分には開誠館10番大橋君が追加点、さらに23分には14番川合君が自身2点目を決め、前半を3-0で折り返す。後半に入っても開誠館の攻撃は緩まない。8分には14番川合君がハットトリックを達成。12分に3番橘君、18分に10番大橋君が2点目を上げ6−0と翔洋を大きく突き放す。終了間際24分、翔洋10番太田君が一矢を報いるも6−1で開誠館の勝利となった。

準決勝第一試合
|7|浜松開誠館中 vs 竜洋中|0|

準決勝第二試合
|6|東海大翔洋中 vs 丸塚中|1|

 

表彰式


ピックアップ記事

  1. 2019/11/18

    SALFUS oRs
    より高度な個人技術のレベルアップを目指す。個人戦術・グループ戦術を理解し、より高度な個人技術のレ…
  2. 選手の「自主性」を育て、新しい部活の形で勝利を目指す。県内で唯一、中学校単位で単独チームを組む静…
  3. 「礼儀、あいさつ、全力」を大切に、子どもも大人も楽しむ野球。ホームグラウンドは東新田の河川敷…

アーカイブ

ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート浜松 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎
PAGE TOP