村越圭佑選手が母校田町小学校を訪問。
「夢をかなえる生き方」について特別授業。

2020年12月3日(木)ベルテックス静岡の村越圭佑選手が、母校である静岡市立田町小学校の小学校6年生へ向け「夢をかなえる生き方」について特別授業を実施した。

小学校卒業まで約4か月となった生徒たちは、新型コロナウイルスの影響により、我慢の強いられる学校生活を今なお送っている。「生徒たちに夢や希望を持つことの大切さを伝え、春からの新生活、夢をもって前進できるような話をしてほしい」と田町小学校の榎本校長先生よりお話をいただき今回の特別授業が実現した。田町小学校の卒業生である村越選手は後輩の生徒たちを前にして、試合以上に緊張しながらも「夢」を持つことの大切さや、「夢」に向かって失敗を恐れずチャレンジしていくことの大事さなどを力強く語った。

中学の時に1年下の後輩と一緒に、静岡選抜に選ばれたが、その後輩が活躍する中、自分は補欠で試合に出られなかった悔しさ。それでも絶対に「夢」を諦めなかったことで、家族やまわりの仲間に支えられ、いまこうしてプロになれたことなど、自身の経験を織り交ぜた話は生徒たちにもしっかりと伝わり、大きな励ましになっていた。当時と変わらぬ体育館や校舎を見て、まさか自分が授業をすることになるとは思わなかったと語る村越選手。卒業アルバムにはしっかりと「バスケット選手になりたい」という村越選手の「夢」が残っていた。

田町小学校「夢」をかなえる生き方授業

令和2年12月3日(木) 14:40~15:25
静岡市立田町小学校
静岡県静岡市葵区田町5丁目70

ピックアップ記事

  1. 足を絡めた攻撃野球で全力疾走・全力応援。目標に向かって本気になって取り組む事ができる子を育てると…
  2. 合同チームで掴んだ全国切符。新3年生4人が背中で引っ張る。新人戦県大会で準優勝し全国大会への切符…
  3. 一緒に頑張ってきた仲間と勝利する喜びを一試合でも多く。目標は「中体連で静岡市のベスト8」。決して…

アーカイブ

ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート浜松 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎
PAGE TOP