「夢講座」で努力の大切さを伝える。

ベルテックス静岡が伝馬町小学校を訪問。
「夢講座」で努力の大切さを伝える。

2月12日(水)、ベルテックス静岡のコーチ、選手が静岡市立伝馬町小学校を訪問。5~6年生を対象に「夢を叶える」をテーマとした講座を行った。

今回が3校目となる「夢講座」。参加したのは、山下颯、近藤崚太、フィリップ・アブの3選手と、今年2月よりヘッドコーチ(HC)に就任したラシード・ハザード氏の4名。アフリカ・ナイジェリアから16歳の時に単身来日し、高校・大学を経てプロバスケ選手となったフィリップ選手は日本語で「英語の勉強をすれば世界が広がる」と異国の地で夢を叶えた経験から語学の大切さを説いた。プロ7年目を迎える山下選手は「始めた時の楽しかった気持ちを忘れないこと」、周りから無理と言われても諦めずに夢を追い続けた近藤選手は「自分の夢に自信を持って」と必ず当たる壁への心構えを語った。

NBAでアシスタントコーチとして活躍しチャンピオンになった経験を持つラシードHCが伝えたのは3つ。「自分の夢を明確に持つこと」「色んな人のアドバイスを聞くこと」「勉強を頑張ること」。夢は偶然ではない、努力次第という言葉は、感謝の気持ちを忘れないよう常に身につけているというNBAチャンピオンリングの重みと共に、強く子ども達の心に届いた。
講座の後は、190㎝超えのプロ選手3人対小学生5人のミニゲーム。何度シュートブロックされても諦めずゴールに向かいシュートを決め喜ぶ生徒たち。選手達へのお礼の言葉で、将来の夢はサッカー選手という男子生徒は「努力すれば最後は辿り着く、お金より経験という言葉が印象に残った」と述べ、バスケットが大好きな女子生徒は英語で感謝の気持ちを伝えた。

【ベルテックス静岡】3選手サイン入りノートプレゼント

伝馬町小学校「夢講座」

令和2年2月12日(水) 13:50~15:00
静岡市立伝馬町小学校 (静岡市葵区伝馬町14₋2)
出席者
ラシード・ハザードAHC(アソシエイトヘッドコーチ)
山下 颯(やました はやて)選手
近藤 崚太(こんどう りょうた)選手
アブ・フィリップ選手

ピックアップ記事

  1. バレー好きで勝ちにこだわる。チームの明るさが流れを変える。静岡市内で負け知らず。明るいムード…
  2. 一対一で勝つ。走る。つなぐ。自分達のサッカーで勝利を目指す。昨年秋の新人戦は県大会出場。惜しくも…
  3. 元気の良さはどこにも 負けない。みんなから 応援されるチームに。中体連県大会団体3位、個人ダ…

アーカイブ

ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート浜松 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎
PAGE TOP