第61回静岡県柔道祭 中部支部予選会

令和元年9月28日(土)に静岡市北部体育館において、中学生の新人戦に相当する「令和元年度 第13回しずおかスポーツフェスティバル兼第61回静岡県柔道祭 中部支部予選会(中学の部)」が開催された。男子は12チーム、女子は9チームのトーナメントで争われ、それぞれ上位4チームが静岡市中部地区の代表として県大会へと駒を進める。

男子はシードの東海大翔洋と静岡学園が、それぞれ安定した強さで勝ち進み決勝での対決となった。東海大翔洋は2年生はひとりだけで、あとは1年生のメンバーにも関わらず、静岡学園と互角に渡りあい、2-2の引き分けながらポイントで東海大翔洋の優勝、静岡学園は準優勝となった。3位には城南静岡、4位に長田西が入りこの4校が県大会へ進む。

女子も決勝は東海大翔洋と静岡学園の対戦となった。こちらも東海大翔洋が2-0と勝利し優勝、準優勝は静岡学園。3位には藤枝柔道倶楽部、4位に観山が入りこの4チームが県大会へ進む

まだまだ1年生も多く、これからが勝負というところだが、個々の選手はしっかり自分の強みを生かした柔道を意識しており、これから来年に向けてどこまで成長していくかが楽しみなところ。県大会での活躍を期待したい。

 

ピックアップ記事

  1. 選手一人一人に可能性がある。チーム全員で打ち勝つ野球を。昨年行われた新人戦県大会で優勝、これまで…
  2. 「礼儀、あいさつ、全力」を大切に、子どもも大人も楽しむ野球。ホームグラウンドは東新田の河川敷…
  3. 強い気持ちと粘る野球で、中体連全国出場を目指す。昨秋の新人戦は静岡市内で優勝し、そのポテンシャル…
ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート浜松 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎
PAGE TOP