【中体連2021】軟式野球 決勝トーナメント①

【軟式野球/決勝トーナメント】

6月26日(土)決勝トーナメントが4会場に分かれ開幕。静岡地区8チーム・清水地区6チーム、全14チームが県大会出場を目指し、熾烈な戦いが繰り広げられた。

★ベスト4に進出した東海大翔洋中、竜爪西奈、清水七、常葉大橘は、県大会出場を決めた。

各会場の結果は下記の通り。

▼翔洋会場
服織3-3大里安倍川(8回特ル3-2)
翔洋5-2服織

▼西ケ谷球場
竜爪西奈18-0小島三中(5回コールド)
観山4-3城山
竜爪西奈11-4観山(6回コールド)

▼飯田中会場
飯田5-2東豊田
清水七12-1清水一(5回コールド)
清水七7-4飯田

▼高松中会場
高松11-4両河内蒲原(6回コールド)
常葉大橘7-0高松(5回コールド)

予選の様子はこちら

 

ピックアップ記事

  1. 走りっこでは負けない。目標は昨年超えの中体連県ベスト4。昨年の中体連は県5位、新人戦は県中部地区…
  2. 中体連県ベスト4を目指し、団体戦のメンバー争い始まる。ここ数年、市内の大会では常にベスト4に入る…
  3. 守りからリズムを作り、機動力をからめ得点に結びつける。一人一人の声掛けを大切に、チーム一丸となり…

アーカイブ

ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート浜松 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎
PAGE TOP