【夢追人】全国BMX5~6歳クラス年間シリーズ王者。 夢は世界チャンピオン。1位は譲らない。

LIFE,,,MACHINE STORE(静岡市葵区田町)所属
伊良部琉梛(いらぶるな)選手(清水庵原小)

2019年、BMX(バイシクルモトクロス)フリースタイル5~6歳クラスの年間全国チャンピオンに輝いた伊良部琉梛君。公式戦初優勝は、始めてまだ1年の頃だった。保育園年中の頃から小学校の上級生達と一緒に走り、同年代ではずば抜けていたという。先に始めたのは長男の琉風君だった。父の陽平さんが、家にあったBMXで遊べるところがあると、琉風君を連れ、JR東静岡駅前の「東静岡アート&スポーツ/ヒロバ」へ。なんと小学生は年間500円の会員登録料だけで利用無料だ。「僕もやりたい」と5歳で始め、「最初は怖かった」という琉梛君も、すぐに夢中になった。今は三男の琉碧君も加わり、ほぼ毎日3人で「ヒロバ」へ通う。一緒に始めた陽平さんだが、「最近はもう速くてついて行けません(笑)。3人共、登って降りる感覚、風を切って走るのが楽しいんでしょう」と温かく見守る。

左から、琉碧(るあ)君(三男・清水みらい保育園年中)、琉梛(るな)君(二男・清水庵原小1年)、琉風(るか)君(長男・清水庵原小4年)。東静岡アート&スポーツ/ヒロバにて。

負けず嫌いで目立ちたがり屋。
泣きながら出来るまで挑戦し続ける。

2017年の開設当初から携わる清水一輝コーチ(MTBダウンヒル全日本チャンピオン)は琉梛君について「転んでも何度でも挑戦できる子。そこが最大の強み。BMXは恐怖心との闘いですから」とトップになる可能性を感じている。「将来はプロのライダーになって世界チャンピオンになる」という琉梛君。憧れの選手は、東京五輪日本代表に内定した中村輪夢プロだ。小学1~3年クラスの大会は未だ開催されず、今後の予定も決まっていないが、上級生との対戦にも「絶対1位になる」と譲らない。「とにかく負けず嫌いで、目立ちたがり屋。1位でない自分は許せないのでしょう」と陽平さん。得意技は、空中で横に360度回転するサブロクで、更に540度にも挑戦中だ。泣きながら、できるまでやるという。最近、兄琉風君とMTBダウンヒルも始めた。弟琉碧君も「早く大会に出たい」と意欲的だ。BMX、MTBには様々な種目があり、可能性は多岐に渡る。どの世界大会で伊良部三兄弟の名前が呼ばれるか。まだ見ぬ未来にワクワクする。

ピックアップ記事

  1. 全国大会出場歴12回。チームワークを武器にドッジボール日本一を目指す。昨年の全国大会ベスト8。県…
  2. 2019/11/6

    蒲原ベアーズ
    失敗を恐れず、元気よく、積極野球で県大会出場を目指す。今年で設立37年目を迎える「蒲原ベアーズ」…
  3. 選手一人一人に可能性がある。チーム全員で打ち勝つ野球を。昨年行われた新人戦県大会で優勝、これまで…

アーカイブ

ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート浜松 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎
PAGE TOP