【中体連2020】バドミントン

女子ダブルスは静岡東、
吉村・藤原組が優勝!

7月24日、このはなアリーナにて行われた男女バドミントン。団体戦は行わず、3年生を中心に、女子ダブルス、男女シングルスの個人戦が行われた。

女子シングルは大村(服織)、男子は篠原(静岡北)が優勝。

広い館内がバドミントン一色に染まる。各競技共、午前に予選リーグが行われ、決勝トーナメントに進む、男子単4名、女子単6名、女子複5組が決定した。
男子単は、準決勝逆転勝ちで勢いに乗る海野君(井川)に、篠原君(静岡北)が2対0で勝利。全試合ストレート勝ちの優勝にも「優勝には満足だが、ミスが多く、内容は納得できなかった。高校では、インターハイで全国へ行きたい」と前を見据えた。
女子単は昨年2年生で市を制した大村さん(服織)が2年連続の優勝。「県で3位に入りたかったので、上に繋がらないのは悔しいけど、優勝で終われて良かった」。高校での実現を目指す。
女子複決勝は、1点を争う好ゲーム。最後は東中の吉村・藤原組が接戦を制し、優勝を飾った。昨年からダブルスを組み、市の新人戦準優勝で悔しい思いをした3年生と2年生のペアは、「嬉しいです。優勝は狙っていました。最後の大会で練習の成果を出せて良かったです」と市の大会での初優勝を喜んだ。バドミントン人気は、まだまだ続きそうだ。

バドミントン ギャラリー(32枚)

●大会結果(敬称略)

<女子ダブルス個人戦> 優勝:吉村・藤原ペア(静岡東中)、準優勝:纐纈・生子ペア(清水小島中)、第3位:吉田・林ペア(静岡英和中)、吉澤・福田ペア(服織中)


<女子シングルス個人戦> 優勝:大村 玲奈(服織中)、準優勝:堀池 彩矢(清水小島中)、第3位:佐藤 なごみ(静岡大川中)、古谷 琴音(静岡雙葉中)


<男子シングルス個人戦> 優勝:篠原 匠輝(静岡北中)、準優勝:海野 勇気(静岡井川中)、第3位:佐藤 勇志(静岡大川中)、池田 或斗(清水小島中)


ピックアップ記事

  1. 子どもから大人まで、ハンドボールがつなぐ地域の絆。高校から始めるスポーツという印象が強いハンドボ…
  2. 県大会に出たい。自分達で決めた目標に辿り着くために。昨年のパナホームカップで中部大会出場、 静岡…
  3. 「音楽の素晴らしさを感じて欲しい」地域と積極的に関わる中学吹奏楽部。生徒たちが企画運営する、…

アーカイブ

ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート浜松 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎
PAGE TOP