【列強列伝2020】静岡市立高松中学校 女子バスケットボール部

最後まで諦めない。最高の仲間と掴む最高の勝利を信じて!

失敗を恐れず、勇気を持ち選手全員が最善を尽くす。

新人戦県3位、市協会長杯優勝、全国の強豪クラブと戦ったBJカップでは全国3位。公立中でありながら、県内の強豪私立中を相手に、常に結果を出してきた高松中女子バスケ部。粘り強いディフェンスからリズムを作り、誰もが全てのポジションから攻撃できる多彩なオフェンス、高いシュート決定率が持ち味だ。就任4年目となる酒井監督の指導方針は「失敗=学び」。選手全員が、失敗を恐れず勇気を持って最善を尽くすことを心掛け、試合中も委縮せずに力を出し切る強さがある。
主力選手が際立つチームに見えるが、部員12名全員がチームに不可欠な存在という顧問の花村先生。「スタメンは点差を広げ、全員が試合に出られるように頑張る。控え選手はその思いを受けて精一杯プレーし、応援も一丸。だから、チーム成績は全員で勝ち取ったもの。それがチームワークを支えています」。頼れるキャプテン黒川さんを中心にまとまったチームは、とにかく明るい。周りを元気にする。そして、どんな状況でも最後まで決して諦めない。静岡市中学女子バスケ史上に残る名チームだ。中体連中止が決まった今も、活動再開に向けて各自が自主トレに励む。最高の仲間と掴む、最高の勝利を信じて。

いつも応援してくれる人がいるから頑張れる。

キャプテン
黒川芽衣 選手

 3歳上の姉を見てバスケを始め、仲間との絆、点差が開いても流れ次第で逆転できるバスケの魅力に気づき、9年間続けています。小学生の最後の試合で、怪我をしていた仲間が復帰し、みんなで優勝できた時の感動は今も忘れません。高松中は、選手一人一人が役割をこなし、声を掛け合いながら粘り強くディフェンスできる、チームワーク抜群のチームです。私の役割は、練習では人一倍自分に厳しく、仲間を引っ張る。試合ではコート全体を見てゲームを作り、仲間の良さを引き出し、大事な所で点を決めること。苦しいこともたくさんありますが、チーム全員で勝った時の喜びは半端ないです。両親や祖父母、いつも応援してくれる人達がいるから頑張れます。チーム目標だった中体連「東海大会出場」は叶いませんが、再開まで今できる最善の努力を続け、前よりも必ず強くなります。そして、また、仲間と勝利を分かち合いたいです。

 

ピックアップ記事

  1. 7月11日(土)12日(日)の2日間に渡り、草薙総合運動場陸上競技場にて、今シーズンの初舞台となる「…
  2. 脱・勝利至上主義!好きになる事からすべては始まる!『好考野球(こうこうやきゅう)』がモットー。ま…
  3. 自ら考え、進んで行動する。生涯野球を目指そう!。チームのモットーは何事も勇気を持って挑戦し、…

アーカイブ

ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート浜松 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎
PAGE TOP