【列強列伝2020】静岡市立竜爪・西奈中学校 合同野球部

「負ける気がしない」常勝チームを支える仲間との信頼。

公式戦無敗の新チーム。中学野球は「笑顔で締める」。

公立中の合同チームでありながら、昨年春の全国大会3位、夏の全中出場と、常に注目を集めてきた竜爪・西奈中野球部。新チームで挑んだ新人戦でも、県大会優勝を果たした。「打倒!竜爪・西奈」を掲げるチームの挑戦をことごとく退け、昨秋から公式戦での負けを未だ知らない。新型コロナの影響で、2年連続出場を決めた春の全国大会が中止となり、中体連で目指していた「全国制覇」の夢もかなえられなくなってしまった。それでも下を向かない精神力の強さが、この「負けない」チームにはある。学童ではライバル同士、中一からバッテリーを組み、常勝軍団を支えてきた、和田捕手と永野投手に話を聞いた。

頑張ってきた仲間達と野球を楽しみたい。

キャプテン
和田 裕二郎 捕手

 竜爪・西奈は、打ち勝つというより、走塁やバントにこだわり、獲るべきところで点を獲るチームです。ヒロはコントロール抜群で、切れのある球が配球通りに来るから、打たれる気がしませんでした。全国大会出場は、僕の野球人生にとって貴重な経験です。小学2年から野球を始め、仲間との絆や礼儀など数多くのことを学びました。「全国制覇」の目標がありましたが、後輩たちに託します。僕たちは、残された試合を楽しんで結果を出し、笑顔で締めくくります。最後は、敵味方というより、頑張ってきた仲間同士、野球を楽しみたいですね。将来は、プロ野球選手の夢もありますが、高校野球などで活躍し、地域の子どもたちから「あのお兄ちゃんみたいに僕も野球したい」と思われる選手になって、野球人口増に貢献したいです。

日本を代表する野球選手になるのが最終目標。

エース
永野 陽大 投手

苦しいことも、嬉しいことも、悔しいことも、みんなで乗り越えられるチームです。厳しい練習もみんなで励まし合い、メンタルトレーニングで精神面も鍛えてきました。リードを許しても必ず逆転できると全員が信じているから、負ける気がしません。裕二郎が、冷静に周りを見てチームを引っ張り、僕らはそれを支える。逆境を跳ね返す精神力と信頼関係が、このチームにはあります。学校の仲間、先生、地域の人達に支えられて、全国の舞台に立てた事は、最高の思い出です。中体連はありませんが、どんな形でも、1回も負けることなく、笑顔で中学野球を終わります。将来はプロ野球選手になって、小さい子どもたちに夢や希望を与える、日本を代表する選手になるのが最終目標です。


ピックアップ記事

  1. 1人1人が欠かせない。これぞ、全員野球。部員7人の単独チーム。昨夏大会終了後、部員7人となっ…
  2. 打ち抜くテニスを極め、目指すは県団体優勝と個人戦全員一勝。昨秋の新人戦県中部大会団体で優勝、3月…
  3. 合言葉は「いい仲間と、いい思い出を」学年の垣根を越えて、仲良く、楽しく。東源台FCの練習試合は、…

アーカイブ

ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート浜松 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎
PAGE TOP