静岡レイダーキッズ フラッグフットボールチーム

遊びの延長からアメフトの魅力に迫るフラッグフットボール。

アメリカではメジャーな競技「アメリカンフットボール」。アメフトの面白さをそのままに、少人数から安全に楽しめるスポーツを楽しく学ぶ小学生のチームを取材した。

5人制でタックル無し。 元気に走り回る子どもたち。

「レディー・ゴー!」大人の掛け声とともに、ボールを手渡された子どもたちが元気に走る。見た目は紛れもないアメリカンフットボール。静岡ではまだ馴染のないスポーツだが、実に楽しそうだ。フラッグフットボールは5人制で、アメフトからタックルを無くし、フラッグ(腰に付けた旗)を獲ったらタックルが成立する。「アメフトの魅力を多くの人に知って欲しい」と代表の川原崎さん。2004年に立ち上げた大人のフラッグフットボールチーム「静岡レイダーズ」を母体に、3年前から始めたキッズチームだ。

まずは楽しむことが一番。 教育的な要素も豊富。

小学6年の鈴木琉吾くんは始めて3年。ボールを背後に見ながら斜めに走り、見事にキャッチする姿がカッコいい。「練習でも上手くキャッチできると嬉しい。ゲームはもっと楽しい」と話す。「走ったり動き回ったりするのが一番。ゆるくやってますよ」と川原崎さん。ゲームになれば、パスかランの選択など、子どもたちが作戦を考えて実行するので、体力、思考力、コミュニケーション力を同時に育てられるスポーツとして、教育的視点からも注目されているという。まずは楽しくフラッグを取り合ったり、ボールで遊んだり。ルールよりも遊びの延長からアメフトの魅力を徐々に感じて欲しいと願う。体験、見学はいつでも大歓迎。

■TEAM DATA
活動日   隔週日曜
活動場所  安倍川河川敷与一スポーツ広場
団員数   13名(年長~小学6年)
入団条件  小学1年~6年生の男女 中学生も歓迎
会費    年間1,000円(保険料含む)
連絡先   090-7025-6112(代表/川原崎) raiders.mash@gmail.com
ホームページ https://shizuokaraiderkids.web.fc2.com/

ピックアップ記事

  1. 中体連県ベスト4を目指し、団体戦のメンバー争い始まる。ここ数年、市内の大会では常にベスト4に入る…
  2. 新人戦県ナンバー1、中高一貫で磨き求める、上で通用する自己判断力。苦境を乗り越え、己に勝て!…
  3. ミスはみんなで カバーする。 明るく元気に全員野球。クラブ創設26年目の「バンビーズ」には、 豊…

アーカイブ

ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート浜松 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎
PAGE TOP