第5回 しずぎんカップ・静岡県スポーツ少年団学童軟式野球大会

春の学童、県の頂上決戦で躍動。服織野球スポーツ少年団が3位に。

静岡市内の3チーム含め、県内各地の予選を勝ち上がった学童野球40チームが県の頂点を競う大会の準決勝・決勝が、4月20日(土)三島市運動公園長伏球場で行われた。

最大7点差を追い上げるも、あと1点が遠かった。

静岡の3チーム中、準決勝に駒を進めたのは服織野球スポーツ少年団。新チームになって公式戦11連勝の服織が、地元三島の中郷ファイターズと決勝進出をかけた熱い戦いを繰り広げた。
一回裏、中郷の攻撃。服織は完全アウェイムードの中、四球とエラーで一死一・二塁から4番の三塁打で2点を失い、更に追加点を許し3対0の苦しいスタート。しかし、二回裏に中郷走者の二盗を二塁への矢のような送球で刺すと流れが変わる。三回表に打線がつながり、スクイズとヒットで2点を返し1点差に詰め寄った。
ところが、4対2で迎えた四回裏、二死走者なしから、なんと5点の失点。失策に四球、相手の幸運な当たりもあり、流れを止められなかった。スコアは9対2、残り三回で7点差。応援席からは「このままじゃ終われないぞ」と激が飛んだ。

すると六回表、服織の反撃が始まる。無死一・二塁から4番杉山君の本塁打が飛び出し、ベンチもスタンドも大盛り上り。なおも攻め続けこの回なんと一挙6点、再び1点差に迫った。しかし、1点差のまま回は最終回、二死走者なし。それでも選手は諦めない。ヒットと相手エラーで満塁と逆転のチャンスを掴むが、あと一本が出なかった。試合は9対8で惜敗したが、服織の粘りの野球にはスタンドから大きな拍手が飛んだ。
決勝は、接戦を制した中郷ファイターズがリトルジャイアンツとの三島対決に勝利、そのままの勢いで見事優勝をおさめた。

●大会結果
優勝  中郷ファイターズ(三島支部)
準優勝 リトルジャイアンツ(三島支部)
3位  服織野球スポーツ少年団(静岡支部)
3位  細江野球スポーツ少年団(浜名湖支部)

 

ピックアップ記事

  1. キレイに速く泳ぐ。でも結果は求めない。「泳ぎ切った感」を大切に。清水区西大曲にオープンして12年…
  2. 県初!女子硬式野球部。野球ができる喜び胸に、全国制覇目指す29人。4月6日、東海大静岡翔…
  3. 春の全国選抜団体戦に男女アベック出場。テニス伝統校の底力。3月の全国高校選抜テニス大会に…

アーカイブ

ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート浜松 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎
PAGE TOP