【軟式野球】11/22静岡市野球連盟会長杯 静岡地区決勝

決勝はシード対決 長田南VS観山

11月22日(日)静岡地区の会長杯決勝戦が、西ヶ谷球場で行われた。

先発投手は、長田南・野原君、観山・石川(晴)君、両1年生。序盤から長田南の試合巧者ぶりが発揮される。相手のエラーとラッキーな内野安打、さらに7番中川君の2点タイムリーなどでいきなり1回裏に4点先制、試合を優位に進める。早めに1点でも返していきたい観山は、ベンチ前で気合の円陣。「打ち合いのゲーム展開、打ち負けるな!」と伊藤先生の檄が飛ぶ。3回表、一巡して慣れてきた観山打線は、バットの芯を捉えた打球が増えてきた。2番増田君のレフトオーバータイムリー、4番石川(直)君のセンター前ヒットで2点を返し、3回終わって4対2。終盤はシーソーゲームかと思われたが、長田南はすぐさま取られた2点を取り返す万全の試合運び。観山も1点返したが届かず。結果6対3でゲームセット。会長杯優勝は長田南中となった。

【決勝】

長田南 6-3 観山

優勝:長田南中

準優勝:観山中

※上位2校の長田南中、観山中が春の静岡県選抜大会への出場決定。(静岡地区新人戦優勝の常葉橘中も出場)

【準決勝】

長田南 3-2 竜爪・西奈

観山 6-4 服織

 

新人監督、歓喜の胴上げ!

長田南中の三谷監督は、この春赴任したばかりの新人監督。子供たちと一緒になって声を出し、戦う姿はハツラツとしている。表彰式後、子供たちに胴上げされた笑顔が印象的だった。「この優勝は、先発メンバーと、ベンチで盛り上げた控えメンバーが一つとなった結果。とても嬉しい。ただ、目標はここではなく県大会制覇。静岡市の代表として頑張りたい」と振り返った。伝統の長田南野球部の監督として、春・夏に向け、どんなチームを作るのかとても楽しみだ。チームをまとめた常木キャプテンは「県大会に向け、冬のトレーニングをつらいと思わないで、必ず自分は上手くなると信じて頑張りたい。県大会は打ちまくって優勝したい!」と力強く語ってくれた。

 

ピックアップ記事

  1. 2019/11/14

    RISE SPORTS CLUB
    攻守ともに連動を意識したサッカー楽しむことを第一に、「うまくなりたい」「試合に勝ちたい」など、選…
  2. 選手のレベルアップを最優先に全員が連動するサッカーで勝つ!富士見サッカースポーツ少年団を前身…
  3. 全国大会出場歴12回。チームワークを武器にドッジボール日本一を目指す。昨年の全国大会ベスト8。県…

アーカイブ

ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート浜松 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎
PAGE TOP