静岡県立静岡西高等学校

野球を楽しむ「いい顔」を、
応援してくれる人達のために。

守備からリズムを作り、攻撃して行けるチームを目指す静岡西。秋から冬の練習では、処理スピード4秒を意識した内野守備を強化し、形になってきた。今年からウェイトトレーニングを取り入れ、栄養講座を行うなど、保護者の協力もあり、体重を10㎏近く増やした選手もいる。「応援してくれる皆さんのためにも、明るく楽しく元気よく、選手たちがいい顔をして野球する姿を見せたい」と志田監督。投手は、梅原、深澤の2枚看板。部員14人で挑んだ秋季大会では、あと一歩のところで勝利を逃した。公式戦での勝ちを未だ知らない選手たちは、磨き上げた守備力を1か月で取戻し、2回戦で静高に敗れた昨夏を上回る結果を目指す。

監督/志田 真佐和 部員/22名( 3年8人・2年6人・1年7人・マネージャー1人)
創部年/1977年 キャプテン/奥村 哲生


キャプテン
奥村 哲生 
内野手

チーム全員で元気よく
苦しい時も「全力発声」

チーム目標は「全力発声」です。野球が上手い下手に関わらず、全員ができる目標にと、みんなで決めました。自分は、練習中、試合中、どんなに苦しい時も、チームの誰よりも声を出すようにしています。部員は少ないですが、これまで全員で元気よく練習に取り組んできました。大会では、チームを勝利に導くようなプレーをして、今までお世話になった人達に恩返ししたいと思います。

インデックスに戻る

ピックアップ記事

  1. 2019/11/6

    蒲原ベアーズ
    失敗を恐れず、元気よく、積極野球で県大会出場を目指す。今年で設立37年目を迎える「蒲原ベアーズ」…
  2. 自己ベスト更新を目標に 選手同士が競い合い、 認め合う。昨年、今年と中体連全国出場の選手を輩…
  3. 仲間を大切に、みんなで頑張れるチームを目指す!下級生が多いチームだが、6年生4名を中心に、粘り強…

アーカイブ

ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート浜松 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎
PAGE TOP