第17回 静岡市バスケットボール協会長杯争奪大会(女子の部)

女子は高松が優勝。

令和2年2月15日(土)このはなアリーナにて、「静岡市バスケットボール協会長杯」 男女決勝と順位決定戦が行われ、男女各16チームによる真剣勝負が繰り広げられた。

女子決勝は「高松対常葉」ライバル同士の頂上決戦。

女子は、新人戦県大会の3位決定戦で対戦した高松、常葉の両校が順当に勝ち上がった。市内では常に優勝を争う両チームは、試合開始から激しいディフェンス合戦に。序盤、常葉がリードする展開から、高松が徐々に差を詰め28対25と逆転し前半終了。1点を争う中での両エースのワンオンワン対決は見応えがあった。後半に入ると、ディフェンスの強い高松に対し、常葉はシュートがなかなか決まらず、得点ボードの25が動かない。ゴール下も高松が制し、点差が広がっていく。思うようにいかない常葉は、焦りからか強引なシュートも目立ち始める。結局、第3Qのリードをそのままキープした高松が、57対43の圧勝。ケガ人もなく、万全の体制で臨めたことを勝因に挙げ、実力の高さを証明した。
3位決定戦は「清水南対東海大翔洋」。今回が現在のチームになって3度目の対戦となり、手の内を知り合う両校。翔洋リードで始まった試合は、第2Qに入り清水南が盛り返し、点差を広げていく。第4Q中盤で15点を追う翔洋は、執念のディフェンスで追い上げたが時すでに遅し。清水南が61対54で勝利し、対戦成績を2勝1敗とした。
高松、常葉、清水南、翔洋は、準決勝で常に対戦する4校。高松が頭一つ抜けている印象はあるが、まだわからない。ライバル同士の頂上決戦はまだまだ続く。

女子決勝 |57|高松 vs 常葉|43|

女子3位決定戦 |61|清水南 vs 東海大翔洋 |54|

●大会結果
(女子の部)
優 勝 高松中

準優勝 常葉大常葉中

第3位 清水南中

第4位 東海大翔洋中

男子の部はこちら

ピックアップ記事

  1. 県外大会参加も視野に入れた活動で、さらなる高みを目指す。昭和49年創立、静岡市立大谷小学校を拠点…
  2. 走りっこでは負けない。目標は昨年超えの中体連県ベスト4。昨年の中体連は県5位、新人戦は県中部地区…
  3. バレー好きで勝ちにこだわる。チームの明るさが流れを変える。静岡市内で負け知らず。明るいムード…

アーカイブ

ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート浜松 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎
PAGE TOP