【夢追人】小学4年生から静岡県代表。目標は90㎏級中学生日本一。

静岡市立観山中学校 柔道部
沖山 智(おきやまさとし)選手

昨年の中体連で2年生ながら男子90㎏級で県3位、東海3位の沖山智選手が柔道を始めたのは小学1年生の時。3人兄弟の末っ子で、幼い頃から兄二人の柔道姿を見て「かっこいい」と憧れていた。最初は東部体育館の柔道教室で遊びながらだったが、指導員の加賀谷さんが教室とは別に行う、静岡刑務所(葵区竜南)内の道場での稽古に参加し状況は一変する。「本当に厳しかった」と当時を振り返る沖山君。それでも家族の応援を背に「やるしかない」と続けたら徐々に強くなり、小4で全国大会に出場すると意識が変わった。全国に友達ができ、柔道が強い仲間との交流が刺激となり、柔道が楽しくなった。小6の日整柔道大会団体戦では静岡県代表の副将で出場し全国3位に。「小さい頃から体格も運動神経も良かったが、県代表であり続けるのは凄いこと。練習をよくするし、柔道が好きなんですよ」と加賀谷さん。人柄が良く、誰からも応援される選手だという。

受験失敗を乗り越えて。「もっと強くなりたい」

中学は静岡学園で柔道を、と受験したが叶わなかった。「お前なら公立でも大丈夫」という兄の言葉に励まされ、賎機学区から「友達がいなくても、もっと柔道が強くなりたい」と当時加賀谷さんが外部指導員を務めていた観山中を選んだ。昨年の中体連を終え男子部員が3人になり、現在は部として活動していないが、大会には観山中柔道部として出場する。「三人でも二勝一分けなら、自分が大将戦で必ず勝つ」と団体戦での県大会出場を目指す。目標は今年静岡市で開催される全中柔道大会の90㎏級全国制覇だ。高校は県外も視野に入れている。「全中で結果を出してスカウトされたら、強豪校で自分がどこまでできるか試してみたい」。兄への憧れから遊び半分で始めた柔道が、本気で挑戦したい自ら目指す道となった。「本人はまだ日の丸を意識してないが可能性はある」と加賀谷さん。静岡を代表する選手から日本を代表する柔道家へ。挑戦の先に、まだ見ぬ未来が待っている。

ピックアップ記事

  1. 自己ベスト更新を目標に 選手同士が競い合い、 認め合う。昨年、今年と中体連全国出場の選手を輩…
  2. 「正射必中」を胸に、高みを目指し己を磨く。目標は全国大会出場!袴姿の男女が弓を引き、矢を射る。中…
  3. 2019/11/14

    RISE SPORTS CLUB
    攻守ともに連動を意識したサッカー楽しむことを第一に、「うまくなりたい」「試合に勝ちたい」など、選…

アーカイブ

ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート浜松 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎
PAGE TOP