安東ミニバスケットボールクラブ女子

県大会に出たい。自分達で決めた目標に辿り着くために。

昨年のパナホームカップで中部大会出場、 静岡の新人戦7位と着々と力をつけている安東ミニバス女子。 元気ハツラツとした練習風景からチームの勢いが伝わってきた。

公式戦で遠かった1勝が 県大会を狙うチームに。

過去には県大会にも出場した伝統のある安東ミニバス女子だが、杉田監督が就任した5年前は団員が4人まで減り、人集めから再スタートした。「子どもたちがバスケットを楽しむこと。それが一番」。バスケットに関わり30年、本当の面白さを知るからこそ選手主体にこだわる。毎年選手たちが目標を決め、昨年は中部大会進出の目標を達成。今年は県大会出場を目指す。スポーツを通じての成長を願う監督に、目標を叶えたい子どもたちの純粋な気持ちが調和し、厳しいメニューも自主的に進めていく。

体格だけじゃない。 速さと粘りで栄冠を掴む。

総じて小柄な選手が多い。個人のスキルで敵わない部分はスピードと頑張り、チームワークでカバーする。チームの得点源は、WNBA選手が将来の目標という5年生新キャプテン後藤音里衣さん。バスケの楽しいところは「シュートを決めた時とみんなで粘ってディフェンスできた時」とチームワークを忘れない。みんな元気で明るい。「ヘイヘーイ!」と声を掛け合い、子どもたちだけで楽しげに練習する姿には「やらされ感」が全くない。きっと安東ミニバス女子の新しい伝統を作る子たちだ。

■TEAM DATA
活動日   火・水・土・日
活動場所  安東小学校体育館
団員数   16名(6年2人、5年6人、4年4人、3年2人、2年2人)
入団条件  小学1年~6年生の女子
月会費   1~3年 3,000円、4~6年 3,500円
連絡先   080-2630-2982(代表/後藤)

ピックアップ記事

  1. 2019/10/16

    颯志剣友会
    『和』の気持ちを持ち、粘り強く、競り勝っていく!勝敗にとらわれず、基本を重視し個性を大切にした指…
  2. 最後まで諦めない。最高の仲間と掴む最高の勝利を信じて!失敗を恐れず、勇気を持ち選手全員が最善…
  3. がんばる子、がんばれる子。能力の差はない、努力の差はある。「元気よく、失敗はいくらしても良い、次…

アーカイブ

ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート浜松 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎
PAGE TOP