【バスケ新人戦】第17回 静岡市民バスケットボール大会

男子は静岡大成中。女子は常葉中が優勝。

10月26日(土)、清水二中体育館で行われた、新チーム初の公式戦となる市民大会の 準決勝、決勝。予選、トーナメントを勝ち上がった男女各4チームが熱戦を繰り広げた。

1点を巡る激しい攻防戦。 全員バスケの総合力勝負。

女子は強豪4チームが勝ち上がり大接戦となった。準決勝は、高松が清水南に、常葉が東海大翔洋に、それぞれ5点差で勝利。再延長に突入した3位決定戦は翔洋が制した。決勝は残り5分で31対31のディフェンス勝負に。最後は確実にシュートを決めた常葉が、高松に44対37で勝利した。「一人一人が役割を果たし、全員でやりきれた」と常葉の海野キャプテン。力の拮抗する混戦を全員バスケで勝ち抜いた。

女子決勝
|44|常葉 vs 高松|37|

一本一本確実に決める練習の成果

男子は、県大会常連の城南静岡、静岡大成、夏のレギュラーが4人残る清水六、唯一参加のクラブチーム静岡スワッガの4チーム。準決勝は、リバウンドで優勢に立つ大成が序盤からリードを保ち、城南に勝利。接戦となった清水六対スワッガは、息の合ったプレーで清水六が終盤突き放した。三位決定戦は城南が制し、両試合共に粘りを見せたスワッガは、あと一本が遠かった。決勝は残り3分、清水六が連続3ポイントで4点差に迫るも、大成が59対51で逃げ切り優勝。「一本一本確実に決める練習の成果」と大成の望月キャプテン。チーム全体のバランスの良さが光った。 これから1年、今大会で感じた1点の重みを胸に、密度の濃い練習を積み重ねたチームが、来夏の中体連県制覇に近づく。

男子決勝
|59|大成 vs 清水六|51|

女子3位決定戦
|70|東海大翔洋 vs 清水南|66|

男子3位決定戦
|56|城南静岡 vs スワッガ|47|

表彰式

大会結果

<男子>
優 勝 静岡大成中
準優勝 清水六中
第3位 城南静岡中
第4位 静岡スワッガボーラーズ

<女子>
優 勝 常葉大常葉中
準優勝 高松中
第3位 東海大翔洋中
第4位 清水南中

ピックアップ記事

  1. 褒める指導で伸び伸びと。「サッカーが好き」が上達への一番の近道。歴史のあるチーム、久能、大谷、大…
  2. 2019/11/6

    蒲原ベアーズ
    失敗を恐れず、元気よく、積極野球で県大会出場を目指す。今年で設立37年目を迎える「蒲原ベアーズ」…
  3. 野球を楽しく!が基本。自分たちの頭で考える声出しと全力プレー。チーム創設41年の服西フェニックス…

アーカイブ

ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート浜松 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎
PAGE TOP