【中体連2021】剣道

負けない東海大翔洋中。男女揃って団体戦優勝。

6月27日(日)、北部体育館にて行われた男女剣道団体戦。女子7校、男子5校の県大会進出枠を懸けた熱き勝負が繰り広げられた。

王者翔洋の座は揺るがず。女子は一本も与えない完勝。

女子は21校が6つの予選リーグを戦い、1位で抜けた6校が県大会進出を決めた。決勝トーナメントを順当に勝ち上がった翔洋に決勝で対したのは、安東、南との接戦を勝ち抜いた清水六。一本でも奪おうと挑んだ清水六は、技、スピード、気迫に勝る翔洋から一つ引分けに持ち込むも王者には及ばず。予選から決勝まで相手に一本も与えず優勝した翔洋の齋藤主将は「これまでの練習の成果を出すことを目標に、思い切った剣道ができた。県大会で優勝して全国で活躍したい」と完全優勝を喜んだ。県大会への残り1枠を懸けた2位トーナメントでは、予選で南に勝ち点で並びながら勝者数で2位だった長田西が意地を見せ、県大会進出を決めた。
男子は参加25校。予選を1位通過しなければ県大会に進めない。昨年夏準優勝の清水小島は観山に敗退し、予選で姿を消した。8校による決勝トーナメントの初戦を勝った4校が県大会進出を決め、決勝は新人戦同様、翔洋と東の顔合わせに。先鋒の翔洋松原君が小手の一本勝ちで始まった試合は、続く4人が全て引分け。負けない剣道を貫く翔洋が最初の一本を守り切り優勝を決めた。「万全とは言えないが、優勝という結果を残せて良かった」と翔洋の大石主将。前回の5‒0から1‒0と健闘した東中の北村主将は「中学から始めた子もいる中で頑張った」と仲間の努力を讃えた。残り1枠をかけた5位決定戦は、南が附属中に勝利し、男女共に県に進む大躍進。勝ち残った中学剣士たちの熱い夏はまだまだ続く。

男子団体

 

●大会結果
<男子団体戦>
優 勝 東海大翔洋中
準優勝 静岡東中
第3位 服織中
第4位 清水二中
第5位 静岡南中

女子団体

 

●大会結果
<女子団体戦>
優 勝 東海大翔洋中
準優勝 清水六中
第3位 清水七中
第4位 静岡南中
第5位 豊田中
第6位 安東中
第7位 長田西中

【中体連2021】剣道ギャラリー

ピックアップ記事

  1. 最後まで諦めない。最高の仲間と掴む最高の勝利を信じて!失敗を恐れず、勇気を持ち選手全員が最善…
  2. 2019/11/22

    高部JFC
    目標は常に県大会出場。チームの仲間を助けられる選手の育成に主眼を置いているが、県大会優勝歴もある…
  3. 走りっこでは負けない。目標は昨年超えの中体連県ベスト4。昨年の中体連は県5位、新人戦は県中部地区…

アーカイブ

ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート浜松 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎
PAGE TOP