【中体連2021】バスケットボール男子

男子は静岡大成、女子は常葉大常葉が共に雪辱V

男子37校、女子41校が参加し、令和3年6月12日から予選リーグが始まり、勝ち抜いたそれぞれ16校が決勝トーナメントへ進んだ。7月3日(土)男子は南部体育館で、女子は清水総合体育館で、大会の優勝と県大会への出場権をかけて争われた。決勝、準決勝および一部の順位決定戦の模様をギャラリーで公開。

悔しさを糧に励んだ大成が堅い守備と速いパスで圧倒。

男子会場は南部体育館。県大会出場校を決める5、6位決定戦は、安倍川が服織に62-55で勝利、静岡学園が城内を71-51で下した。ベスト4は春の会長杯と同じ顔ぶれ。会長杯県準優勝の城内対東海大翔洋の準決勝は、エース海野君を怪我で欠き序盤ミスの目立った城内だが、第2Qから落ち着いた試合運びで徐々に点差を広げる。後半は城内の堅い守り前に翔洋得意の3Pが決まらず、城内が75-61で勝利。大成対庵原は、堅い守りと安定したパスワークの大成が庵原を圧倒。ゴール下から確実にシュートを決める大成が、前半で63-14と大量リードを奪い、95-38で庵原を下した。3位決定戦の庵原対翔洋は、準決勝の悔しさを晴らすような点の取り合いを、翔洋が71-70で制した。
決勝の城南対大成は、序盤から激しくリバウンドを取り合う、両者集中した攻防が続いた。第2Qに入ると大成が堅い守りから流れを作り、点差を広げていく。速いパス回しから確実に点を重ねる大成に対し、エース不在で決定力を欠く城南。第3Q終盤に反撃に転ずるも、最後にブザービートで3Pを決めた大成が55-36とリード。その後も点差は縮まらず、73-54で勝利した大成が優勝し、会長杯のリベンジを果たした。「前回城南さんに負けた悔しさを糧に、練習を頑張りました。県大会で勝って東海を目指します」と大成キャプテンの菊池君。城南得意のリバウンドと早いプレスを克服しての勝利だった。県大会には間に合うという海野君。浜松開誠館を倒して、両雄の頂上決戦を県大会で見せてくれ。


男子決勝戦
|73|静岡大成 vs 城南静岡|54|

静岡大成 vs 城南静岡をもっと見る


男子準決勝第一試合
|75|城南静岡 vs 東海大翔洋|61|

城南静岡 vs 東海大翔洋をもっと見る


男子準決勝第二試合
|95|静岡大成 vs 庵原|38|

静岡大成 vs 庵原をもっと見る


●大会結果(男子)
優 勝 静岡大成中
準優勝 城南静岡中
第3位 東海大翔洋中
第4位 庵原中
第5位 静岡学園中
第6位 安倍川中

【中体連2021】バスケットボール女子

ピックアップ記事

  1. 人の心を動かすダンスを。全国大会優勝歴を持つ県内屈指のチアリーダー部。チアリーダー部がある中学は…
  2. 学校と地域が連携し子どもたちがワクワクする夢を。静岡市街から車で約2時間、豊かな自然に囲まれた南…
  3. キレイに速く泳ぐ。でも結果は求めない。「泳ぎ切った感」を大切に。清水区西大曲にオープンして12年…

アーカイブ

ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート浜松 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎
PAGE TOP