【中体連2021】バスケットボール女子

男子は静岡大成、女子は常葉大常葉が共に雪辱V

男子37校、女子41校が参加し、令和3年6月12日から予選リーグが始まり、勝ち抜いたそれぞれ16校が決勝トーナメントへ進んだ。7月3日(土)男子は南部体育館で、女子は清水総合体育館で、大会の優勝と県大会への出場権をかけて争われた。決勝、準決勝および一部の順位決定戦の模様をギャラリーで公開。

堅実な全員バスケの常葉。準決、決勝を大差で勝利。

清水総合体育館にて行われた女子バスケ準決勝。清水七対大成は、前半を大成リードで折り返すも、後半地力を発揮した清水七が徐々に点差を詰め逆転。その後も、リバウンドとカウンターを決めた清水七が50-39で勝利した。常葉対安倍川は、終始安定した常葉が基本に忠実なプレーで安倍川につけ入る隙を与えず59-37で勝ち、決勝に進んだ。

県大会出場をかけた5位決定戦は、清水南と東海大翔洋の清水対決。どちらも譲らない好試合となったが、最後はしっかりゲームをコントロールした清水南が55-50で翔洋に勝利し切符を掴んだ。3位決定戦は、会長杯優勝の大成に安倍川が食らいつく展開。終始リードする大成に対し、安倍川は6番大原さん、7番吉村さんを中心に果敢に攻め、残り1分で遂に逆転。最後も大原さんが見事な個人技を見せ、安倍川が57-54で大成を振り切り3位に入った。

常葉対清水七の決勝は、常葉が安定したプレーで序盤から試合をリード。清水七のミスを見逃さず、リバウンドからのファストブレイクで確実に点を積み上げていく。流れを掴めない清水七。55-40常葉リードで迎えた第4Qは、体を張った清水七の攻撃を常葉の堅いディフェンスで跳ね返し、79-50の大差で常葉が勝利、優勝を決めた。常葉の伊藤キャプテンは「会長杯で大成に2点差で負けたのが悔しく、チーム全員心をひとつにして頑張った。県大会ではファストブレイクを意識して全員で点を取りに行く」と全員バスケを誓った。力のある5校の県大会での活躍を期待しよう。


女子決勝戦
|79|常葉大常葉 vs 清水七|50|

常葉大常葉 vs 清水七をもっと見る


女子準決勝第一試合
|50|清水七 vs 静岡大成|39|

清水七 vs 静岡大成をもっと見る


女子準決勝第二試合
|59|常葉大常葉 vs 安倍川|37|

常葉大常葉 vs 東海大翔洋をもっと見る


女子3位決定戦
|57|安倍川 vs 静岡大成|54|

安倍川 vs 静岡大成をもっと見る


女子5位決定戦
|55|清水南 vs 東海大翔洋|50|

清水南 vs 東海大翔洋をもっと見る


女子5位決定戦第一試合
|68|清水南 vs 城内|36|

清水南 vs 城内をもっと見る


女子5位決定戦第二試合
|59|東海大翔洋 vs 清水飯田|37|

東海大翔洋 vs 清水飯田をもっと見る

【中体連2021】バスケットボール男子

ピックアップ記事

  1. 学校と地域が連携し子どもたちがワクワクする夢を。静岡市街から車で約2時間、豊かな自然に囲まれた南…
  2. 選手のレベルアップを最優先に全員が連動するサッカーで勝つ!富士見サッカースポーツ少年団を前身…
  3. サッカーって面白い! 子ども達が憧れる日本一のチームに。秋の新人戦で静岡地区ベスト4、県大会ベス…

アーカイブ

ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート浜松 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎
PAGE TOP