男子は静大附属静岡中学、女子は高松中学が優勝。

[平成30年度 第16回 静岡市バスケットボール協会長杯争奪大会]

第16回目を迎える「静岡市バスケットボール協会長杯争奪大会」。16チームによる決勝トーナメントを勝ち抜いた男女各4チームが、2月16日(土)北部体育館にて熱戦を繰り広げた。

<女子の部>

予選から勝ち上がった高松中が最後に底力を見せ逆転勝利。

女子の部準決勝の「翔洋vs大里」は大接戦。一進一退を繰り返し大里中が第4ピリオド残り4分で51対51の同点に追いつく健闘を見せたが、終盤立て続けに得点した翔洋中が64対53で勝利。「高松vs清水南」は終始高松中がリードを守り、53対30のスコアで決勝に進出した。
「翔洋vs高松」の決勝戦は、第1、2ピリオドを終えて翔洋中が22対18と4点リードで折り返す。第3ピリオドに入ると高松中が得点を重ね、翔洋中はゴールにはじかれる場面が目立ち、高松中が38対34と逆転。最後は、エース11番の3連続ゴールとスチールの成功、キャプテン4番の効果的な3ポイントも決まり、55対47で高松中が見事優勝。3位決定戦は清水南中が接戦を制した。
試合後、高松中キャプテンの牧田さんは「優勝できると思っていなかったので凄く嬉しい。予選から勝ち上がりながらチームワークがどんどん良くなって、気持ちが一つになることができた」と勝因を語ってくれた。
市の新人戦で5位とシード権を取れず、予選から約1か月戦う中で徐々にチーム力を上げ、公立中で練習時間が限られていても勝てることを証明した。次なる目標は中体連県大会ベスト8。今度は追われる立場になる。

 

<男子の部>

エース同士の激しい戦いは、附属静岡中チームの勝利。

男子の部準決勝は「静岡学園vs大成」と「附属静岡vs城南」。静岡学園のエース11番がチーム得点の62点中45点、附属静岡中のエース13番がチーム得点の58点中41点と、強力なエースを要する両校が決勝に進出。技、スピード、正確さ、どれをとっても抜きんでている2人だった。
決勝の立ち上がり、スタートダッシュを見せたのは附属静岡中。エース以外の選手が得点を重ね第1ピリオドを12対3とリードする。第2ピリオドに入ると、学園エースが意地を見せ一時は4点差まで追いついたが逆転には至らず、8点差を追う形で後半へ突入した。後半に入ってもその差は中々縮まらず、第4ピリオド残り5分で15点差に。附属静岡中がそのまま振り切り67対54で勝利し協会長杯を手にした。それぞれが41得点する激しいエース対決を左右したのは、チームのディフェンスと総合力だった。3位決定戦は、最初からリードを守った城南中が60対43で勝利した。
附属静岡中のエースでキャプテンの岡田君は「今日はベンチも一体となって全員で戦うことができた。一人では限界がある」とチーム全体の勝利を強調する。今後の目標を尋ねると「浜松開誠館にリベンジしたい。負けたままでは終われない」と力強く答えてくれた。悔しさがチームを強くするのだろう。
「バスケは1人でもできないし5人でもできない。小さくてもディフェンスの粘りが勝敗を左右する」という協会長の言葉が、そのまま当てはまる決勝戦だった。

<ギャラリー>

男子決勝 附属静岡 vs 静岡学園

女子決勝 静岡翔洋 vs 高松

男子準決勝 静岡学園 vs 大成

男子準決勝 附属静岡 vs 城南

女子準決勝 高松 vs 清水南

女子準決勝 静岡翔洋 vs 大里

ピックアップ記事

  1. 県大会に出たい。自分達で決めた目標に辿り着くために。昨年のパナホームカップで中部大会出場、 静岡…
  2. 選手一人一人に可能性がある。チーム全員で打ち勝つ野球を。昨年行われた新人戦県大会で優勝、これまで…
  3. あきらめないで拾ってつなぐバレーで、市内大会での優勝を目指す。2019年6月に設立したばかり。「…

アーカイブ

ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート浜松 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎
PAGE TOP