静岡北高等学校

部員が10名から32名に。
楽しい野球で、公式戦勝利を。

過去には甲子園出場歴のある静岡北。今年から指揮をとる杉本監督は「野球を楽しみながら、人として成長して欲しい」と願う。2年前には一時10名だった部員は、32名になった。ここ数年、公式戦の勝利から遠ざかっているが、高田主将を中心に、明るく元気に互いを高め合い、真面目に練習に取り組んできた。冬は徹底した走り込みと筋トレを行い、精神面も成長した。エース奥山は、身長162㎝の体全体を使った伸びのある球が持ち味で、完投力がある。4番吉本を中心とした上位打線が波に乗れば、昨年あと1点で届かなかった夏の一勝が見えてくる。少ない部員、コロナ禍を乗り越えてきた3年生7人を中心に、勝利を目指す。


監督/杉本 太輝 部員/32名( 3年7人・2年11人・1年9人・マネージャー5人)
創部年/1965年 キャプテン/高田 隆乃助


キャプテン
高田隆乃助 
内野手

スタミナでは負けない。
僕らの代で連敗止める!

双子の僕らは、小3から野球を始め、そのお陰で前よりもずっと強くなりました。一番の思い出は、今まで一度も勝てなかった相手に、最後の中体連で勝ったこと。やっぱり、勝った方が野球は楽しいです。北高は、ここ何年も公式戦の勝利がないので、僕たちの代で連敗記録を止めます。1年中、走り込みと筋トレをやってきたので、スタミナには自信があります。大会を思いっきり楽しみます。

インデックスに戻る

おすすめの記事

関連記事